J-CAD
キックオフイベント

J-CAD
キックオフイベント

Japan
Career
Acceleration
Dialogue
Japan Career Acceleration Dialogue
Kickoff Event
<予約締切>
21.2.13(土) 10:00

〈オンライン開催〉
21.2.15(月)17:00-20:00

<予約締切>
21.2.13(土) 10:00
参加予約はこちら
※お申し込み多数の場合、早く締切る場合があります。予めご了承ください。

J-CADキックオフイベントとは

J-CADとはGoodfindによる、トップ企業との対話を通して企業選びの目を養う選抜コミュニティです。
当コミュニティでは、各業界の代表企業の社員の方と1on1の対話を繰り返し、各社の社風の違いを感じ取ることにより、自分に合った会社を見つけ出すコツを身につけてもらいます。
今回はキックオフイベントとして、通常は選抜Memberのみが体験可能となっている「社風」の見極め方を実演。
さらに日本たばこ産業株式会社(JT)をはじめ各業界のリーディングカンパニーにもご登壇いただき、各社の「社風」の違いをお見せします。

COMPANIES

オンライン開催

2.15 (月)17:00 – 20:00

PROGRAM

  • 17:05-17:50

    米田靖之氏 セミナー「自分に向いている企業の見つけ方」

  • 17:50-18:35

    JT&J-CADメンバーによる「J-CAD」デモセッション

    自分に向いている企業を見つけるために重要な「社風」の見極め方を、JTの社員の方と22卒のJ-CADメンバーによるデモストレーション(※)で体感できます。
    ※10分間の1on1を3セット行います。

  • 18:45-19:30

    パネルディスカッション

    登壇企業 三菱商事 / 野村総合研究所 / 博報堂
    ファシリテーター米田靖之 氏
    トップクラス企業3社より採用担当者が登壇。米田氏がプロの視点から質問して、登壇企業3社の社風の違いを感じてもらうセッションです。

<予約締切>
21.2.13(土) 10:00
参加予約はこちら
※お申し込み多数の場合、早く締切る場合があります。予めご了承ください。
参加申し込み締切:2018年4月20日(金)
キックオフイベントに参加する

エントリー後の流れ

エントリー後の流れ

【1】本ページよりエントリー(書類選考)
【2】J-CADキックオフイベント参加(東京・京都で開催)※参加は必須ではありません
著名人による講演、J-CAD体感セッションを予定しています
【3】面接選考(複数回)
【4】通過者のみJ-CAD参加
7月以降開催のJ-CADプログラムにご参加いただきます。

イベント案内

持ち物・服装

・ネット接続が安定した環境
・PC/タブレット端末
・服装自由、筆記用具、メモ
※カメラは「ON」での参加を推奨します。

対象者

2022年または2023年卒業見込みの大学生および大学院生

定員

1000名

応募締切

2021年2月13日(土)10:00

開催場所

オンライン(Zoom)

参加方法

▪️視聴用URL・パスワードは開催日2日前の10:00に送付いたします
▪️「Zoom」は、PC・スマートフォンからオンライン会議に参加することができる無料アプリケーションです
※インストールの所要時間は5分程度かかります。

お問い合わせ

Goodfindセミナー事務局
TEL : 03-6434-5854(営業時間:平日9:30~19:00)

J-CADとは

自分に合う企業を見つけるノウハウを習得する選抜コミュニティ

就職偏差値、成長環境、事業内容など様々な軸で語られるキャリア選択ですが、優秀な学生が社会に出て、自らのチカラで未来を切り開いていくためには、「社風」を軸にした会社えらびが重要な要素だと考えています。「社風」を肌で感じて、自らの「直観」のもと最良の会社えらびをする方法を身につける機会を提供したい。そんな想いからこのJ-CADはスタートしました。こうして新たなキャリア選択が広がれば、多くの学生と企業のミスマッチを防げるようになる、私たちはそんな未来を思い描いています。

※参加対象学年は、2023年卒学生のみとなります。

米田靖之

J-CAD アドバイザー

米田 靖之 氏

1982年日本専売公社(現 日本たばこ産業株式会社)入社。人事部長、製品開発部長、たばこ中央研究所長を経て、執行役員R&D責任者となる。2015年末退任し、現在は複数社のアドバイザーを務める。

1982年日本専売公社(現 日本たばこ産業株式会社)入社。人事部長、製品開発部長、たばこ中央研究所長を経て、執行役員R&D責任者となる。2015年末退任し、現在は複数社のアドバイザーを務める。